信州からまつ構造用集成材
からまつは、国産木材の中では強度にすぐれた樹種です。
長野県の東信、北信地区の人工林に豊富な蓄積量があります。
このからまつを使用したプレカット構造材をご提案します。

からまつ構造用集成材の特徴
寸法安定性、耐水性、耐久性に優れている
自由な形状、寸法の部材が可能
為替による価格の変動がなく、安定供給
集成材Q&A

構造用集成材の仕様
JAS認定工場で製造された安心の品質
ホルムアルデヒド放散量 ☆☆☆☆
強度等級 柱E105-F345同一等級 平角E105-F300異等級
         樹種区分 D1(住宅金融公庫の高耐久仕様に適用可能)
通し柱 120x120x6m 管柱 120x120x3m 105x105x3m
平角 105, 120 材成120-450 長さ4, 5, 6m
プレーナー仕上げ、補修なし

オールからまつのプレカット構造材
大空間やスケルトンアンドインフィルに対応可能
金物プレカット済み構造材を一式で納入可能
   
からまつについて
産地は、北海道・東北地方・本州中部の寒冷地で、日本に存在する針葉樹のうち唯一の落葉樹であり、生長が早いので、戦後に造林が行われ長野県では、森林の約半分を占める樹種で、昨今、伐採期を迎え、脱脂乾燥・集成材製造技術等の飛躍的な進歩によりこれからの有効利用が期待されている。

製造元 齋藤木材工業株式会社

   戻る      問い合わせ   カタログトップ


記載内容は予告なく変更されることがあります。写真の色・木目・節は実物と異なります。更新日2013年4月1日 株式会社ログウェル日本 
担当 中谷090-2578-5849